●●ちゃぶ台から世界をひっくり返す●●

〜ちゃぶ台にのせるスナオな想いを結ぶ〜

しあわせになる覚悟

そんな、タイトルの本があった

 

 

いま、

もういちど

じぶんの中でしあわせになる覚悟を

もひとつ深くしようとおもう

 

 

 

しあわせになっちゃいけない。とおもっていた

 

じぶんだけが、しあわせになっちゃいけないと

 

たいせつな人を差し置いてしあわせになってはいけない。

 

いま、のしあわせを認めてしまったら

過去のすべてを否定してしまうのでは?

たいせつな人が守ろうとしてくれたものは、しあわせではなかった。とバレてしまうのでは?

 

ひとつのしあわせと、もうひとつのしあわせは成立しない。

 

 

そんなじぶんの中にある方程式に気がついた

 

 

そんなことを

ココロの奥深く、感じていたじぶんに

気がついた

 

 

それでも、いい

そして、しあわせはぜんぶ、手にしていい

 

 

叶えていいんだ。とじぶんに許してあげていい

 

 

 

今、わたしは

しあわせになる

 

今、わたしは

すべてを手にすることをじぶんに許す