●●ちゃぶ台から世界をひっくり返す●●

〜ちゃぶ台にのせるスナオな想いを結ぶ〜

罪悪感を手放す

じぶんじしんを幸せにする決意を、今。

 

 

 

 

わたしの中にあるあなたへの想い

 

 

 

それは、いつしかあなたを幸せにできないことへの罪悪感に

 

わたしだけが幸せになってはいけないという、罪悪感に

 

 

 

 

 

 

それが、いつしか

わたしのなかで膨らんで爆発した

 

 

どうしてあなたのキゲンに

いちいち左右されないといけないの

 

 

どうしてわたしの幸せを願ってくれないの

 

 

わたしにはわたしの想いが

あなたにはあなたの想いがあるのだから

あなたの想いをおしつけるのはやめて

 

それはあなたの中にあるものだから

 

 

 

あなたの枠でわたしを判断するのはやめて

 

 

 

 

わたしのそのままを愛してほしかった

もっと愛されたかった

 

 

それなのにわたしはいつもあなたを想う

 

 

 

 

 

どうしてどうしてどうしてどうして

 

こんなに想ってもこんなに傷ついても

わたしはいつも悪もの

 

あなたたちから幸せを奪う悪もの

 

 

いつもいつだってあなたたちの幸せを願っているのに、わたしはいつも悪もの

 

 

 

だから、もうやめようと思う。

 

あなたを幸せにしようとするのは。

 

すでに幸せだしわたしがあなたを幸せにはできない。

 

あなたを幸せにするのはあなたにしかできない。

 

 

 

わたしを幸せにするのもわたしだけ。

 

 

もう、終わりにしよう。

 

 

 

     わたしが、わたしを幸せにする。

 

          わたしの幸せを、今

 

 

 

f:id:ASAMUSUBI:20170527203643j:image