●●ちゃぶ台から世界をひっくり返す●●

〜ちゃぶ台にのせるスナオな想いを結ぶ〜

わたしを生きる物語〜富英とのパートナーシップ編 その4〜

(2017*12月に書いたもの)

 

前回の

とみひでとのパートナーシップその3からの続き。

 

http://asamusubi.hatenablog.com/entry/2018/03/02/190248

 

 

*

 

*

 

 

目に映るすべてのものがそうだし、目の前にいる相手みんなそうだけれど
パートナーという存在はそれ以上にじぶんじしんというもの、じぶんの本当の望みをこれでもか。って見せてくれるから本当に面白い。

 

 


今回の出来事を通して
じぶんじしんというものが浮き彫りになって
あ〜相手に対して思っていたことはじぶんだった!
こんなちいさなじぶんがいるのか〜。。
痛い!と思いつつかけがえのないギフトになったのも間違いない。

 

 


特にこのことに向き合った
10月半ばからの1ヶ月の気づきを書き溜めたノートはじぶんで見返してもすごいなあ。と思うし1日1年分の気づきを得たんじゃあないか。と思うくらいいつも以上に日々ひび向き合い対話し続けた。


そんな渦中から
こんな想いするなんて、じぶんだけじゃあなくて
みんなのためにもならなきゃあやってられない!と思っていたように
これに触れたあなたにもじぶんじしんと結ぶなにかになったり、パートナーシップを向き合う上でのなにかヒントになったら嬉しいなあ。とおもう。

 

と言っても
このことに対する
じぶんの中の気づきを感じたり、ノートを見返してみると
上手に言葉にできるかのドキドキもありますがここに記してみたい。

 


今回、おおきく感じているのが
すでに約束がそこにあったのでは?という感覚。


今回の出来事を通して
わたしたちが付き合ってから6年半、結婚してから5年。
いや、それも含めお互いがそれぞれに歩んできた人生の中で本当は望んでいたけれど叶えられくていた願いが浮き彫りになった。でも、それはだったらその付き合ってきた年月の中で叶えてあげられたのでは?とか叶えられなかった罪悪感とか相手の「やっぱりじぶんの願いは叶えられないんだ。」という想いを強化付けることに加担してしまったじぶんを責める気持ちとかそんなものは必要なくて、今回いろんなことが明らかになったのはベストタイミングだった。ということ。

この数年を通して、お互いに役割を変えながらそれぞれが*じぶん*に還るために必要な役割をしてきていたこと。
そして、今回の出来事を通してたくさんの忘れ去られたじぶんの願いに気づくことすべてをじぶんたちで計画してきた。としか思えないのである。


わたしは、表面的な出来事だけにフォーカスすると
辛い悲しいなんだ!というばかりなんだけど
*じぶんじしん*に気づくための、じぶんの本来の願いに気づくための愛でしかなかった。

でも、そんな感情と深い愛ある気づきをいったりきたりは必須で
おおきなおおきなじぶんの中の愛に気づいた次の瞬間には泣きわめいていたりして。笑

感情におおきく振れることも、おおきなおおきな愛であることもどちらもじぶんで。
その感情を見つめることで・紐解いてゆくことで本当の望みに・じぶんじしんに気づいてゆける。人間ってほんとうに面白くできているなあ。と思わずにはいられなかった。

 

 

 

まず、このことを明らかにしたときのわたしはじぶんがどうやってじぶんを保っていいのかが全くわからなくなってしまった。こと
それは*じぶんで在る*ということに向き合ってきた数年だったけれど
実はじぶんひとりではじぶんで在ることができていなかったということ。

 


とみひでと遠く離れた場所にいても、じぶんがじぶんで在れる。ひとりでできている。

 

と思っていたけれど実はそれはとみひでの存在に支えられていたということ。

 

 

じぶんひとりまっさらにされたとき
どうしたらよいのか分からないじぶんを見て
ああ、わたしはこんなにもとみひでの存在に支えられていたんだ。

ということに気がついた。

 

それと同時に依存してしまっていたということ、変に癒着してしまっていたじぶんに気がついた。

 

 

 

じぶんを愛することに向き合ってきて
仲間やとみひでの存在を通してすこしずつそれができるようになってきたわたし。

 

 


でも、いちばん近くにいるとみひでの存在がなくなりじぶんでいられないじぶんを目の当たりにしたときに、じぶんだけでじぶんを支えられていないこと・じぶんでじぶんを愛せていないことを突きつけられた。

 

 

 

誰かがわたしを愛してくれるから、認めてくれるから
わたしはわたしを愛し認められていたんだ。

それもたいせつだった。

 


それがあったからわたしはわたしの存在を確かなものにできてきた。

 

 


だけど、わたしの本当の願い…

誰に愛されなくとも認められなくとも
じぶんがじぶんを愛してあげること

他の誰でもないじぶんじしんに愛され認められ、たいせつにされたかったんだ。ということ

 

 

とみひでに対してでてきた

*どうせ、またわたしを捨てるんでしょ*

 

ということば。(とみひでに捨てられたことはない)

 

 

それは、じぶんへのことば。

じぶんからのことば。

 

 

 

元々、人のために人のことをしたい。と

じぶんを犠牲にして人へエネルギーを

長い間費やしてきてしまった、わたし。

 

 

じぶんを愛し満たすことに

エネルギーを注ぎ

じぶんが満たされてきたら

すぐに、外にエネルギーを向けてしまう。

 

 

じぶんが満たされ溢れたものを

周りへ。はいいことなのだけれど、

わたしの場合、長年のくせで

すぐに*わたし*を置き去りにしてしまう。

 

 

わたしを愛するよ。と

決めたものの気がついたら

じぶんがいない!の繰り返し。

 

 

ようやく、

わたしは、わたしに愛される!と

喜んだのも束の間

またすぐに置いていかれる。

捨てられる。

 

 

そんな、じぶんじしんへの

怒りと悲しみが

とみひでへのコトバとして放たれたのだ。

 

 

そして、

とみひでに好きな人ができたというのは

わたしの内側を現実に表したもの。

 

 

わたしが、

じぶんじしんではなく

外側のなにかへまだエネルギーを

注いでしまっていることの現れ。

 

 

わたしが、

わたしじしんとしっかり結び

両想いになれたとき

この現象はどう変わるのだろう。

 

 

そうなったら

じぶんが望む現実になるだろう。という

確信がありつつも

もうとみひでと一緒に生きれないかもしれない。という不安もおそう。

 

 

でも、

これまでもやってきたように

関係をよくするためのなにか。をするのではなく、お互いがじぶんにスナオであった上で共に在れるのか。

 

 

それが、たいせつだった。

 

 

こんな出来事があったときだからこそ

とみひでと共に過ごしたい。

 

 

そんな想いがありながら

ほんとうにやるべきことは明確で

 

じぶんが、じぶんを愛すること

じぶんじしんともう一度おおきく結ばれること

 

 

 

たいせつな場所

だいすきな仲間

 

そこにいることに、カラダも感覚も

どうにもいられなくなってしまい、

じぶんじしんの直感を頼りに

この冬、わたしは花巻でひとり

じぶんと、過ごした

 

 

 

おおきな賭けでもあった

 

 

 

じぶんが、じぶんと

ほんとうに、結ばれたその先の道は

 

たいせつな人はたいせつな場所とは

もう交わらないかもしれない

 

もう、とみひでと共に

歩めないかもしれない

 

 

 

それさえも、引き受ける覚悟と

でも、*じぶん*を生きた先で

必ず、わたしのたいせつないのちたちと

また、出逢えることを信じて