●●ちゃぶ台から世界をひっくり返す●●

〜ちゃぶ台にのせるスナオな想いを結ぶ〜

挑戦モード▶楽チンモードへ♪

さいきんの気づき*


わたしは
2011年にバシャールの存在を知って
これだ!と感じ
じぶんがわくわくすることで
生きる生き方をする!と実践してきたのだけと...*

 

最初の頃は
そのときそのとき
わくわくすることをしながら
でも、ほんとうにやりたいことじゃあない。や誰かのやりたいことのお手伝いだった。と気がつき、やっては違うやってはちがう。と次々に現れるわくわくをしていく

 


そうして
たどり着いたのは
かんたんにいうと
*おむすび*と*ちゃぶ台だったのだけど
わたし、何度も書いているけれど
みんなで食卓を囲むことって
ずっと怖かったし嫌なこと。だったんだよね


でも、
奥底ではこれをやるんだ。
ほんとうはやりたいんだ。って分かる


でも、
表だってわくわくはしない

 

他に、
昔は大好きだった歌うということが
すごく怖くなってしまっていたり

ほんとうは
人と奥底で繋がりたいのに
人が怖かったり

 

ほんとうにしたいこと.願ってることは
ほんとうに。だからこそ、
**怖い*嫌だ**という感覚のものがほとんどだった

(世界や人を基本的に怖いものだ。という視点で人生の多くを生きてしまってきたからというのもある)

 

それを分かっているから

だから
なんで、こんなに怖いことばっかりしなくちゃいけないのー!

と言いつつ
それに取り組むべきだとおもって取り組んできた
(いい意味の*べき*だとおもっている)

 

だから、
わくわくを生きればいい。というけれど
わくわくだけでもないよな。というおもいもすごくあって
わくわくを生きる。と決めてからの6年の後半は*わくわく*という言葉もあまりしっくりこなくなっていた


(そんな想いが根底にあり、
せんじつ書いたパートナーシップの記事で
歌うことの次に怖いことってなんだろう?と感じ=とみひでと別れることがでてきた)

 


そうして
さいきんもやりたいけど怖いこと。
というのがあって

それが、ある人へ会って話をする。ということだったんだけど。


会ったこともなく
いつもSNS で一方的に見ているだけの方で..

すごーく怖いけど
会う。とじぶんの中は言ってるんだよね。

 

そうしてもうひとつ
今、花巻に住んで絵本づくりと星の絵を描くということをする。というのがあって
こないだ花巻で物件を見て、ここ!と感じるところがあった。
でもお金なんてどうにも。ないのに
勢いで申込みしたものの払えるのかわたし。こわい。という状況をつくる。笑

 

そのやりたいけど、怖いこと。
を抱え1週間ほど。

 


花巻へいって
やりたいことのはじまりに。と
花巻へいかなくても今できること。やりたいこと。
まずはじぶんの物語を文章で書いて振り返ること。というのがほとんど進んでいなかった

 


そうこうしながら
ようやく例の会いたい方へ
勇気をだして連絡をいれてみる。


今すぐに会ってもいい。となる覚悟と準備をもって。


そんな気持ちもあって
最初はそわそわしていたけれど
今、やりたいことを楽しもう。と
ごはんづくりをはじめたら


何だかとっても
身軽になり楽しくなってくる

 

怖かったものが
めちゃくちゃじぶんにとって
負担になっていたことに気づく

 

おや...?

 


怖いことしなくちゃ。とおもってきたけど

もしかして
怖いこと。手放していいんじゃあない?
....。

 

 

ほんとうはじぶんの物語を書きたい。
今、やりたい。と感じることをやることからすべてはじまっていくのでは?というおもい
でも、書けない!これはどうなんだ?!と
うすうすおもっていたのだけど

 

え、手放していいんだ!
えーいいんだ!手放してみよう!と
ポイっとじぶんの中でしてみたら
なんだか楽しくなってきて
自然に物語を書くことにも向かってきた

 

たのしい、たのしい楽しい。


なにをしてるわけでもないのに
楽しくって幸せだなあ。という想いが溢れてきた。

 

もしかして
こんなに楽チンでいい?のかも...


とどきどき。


すこし前から
*委ねる*というのが今のわたしに
たいせつなキーワードな気がしていたのだけど

 

 

わたしは今まで
怖いことに取り組むこと。がたいせつだった

なんでか考えると
*挑戦*したかったから

わたしはじぶんにストイックなところがあって、大変な状況をじぶんに強いてそれを通して気づきを得ることを自覚している
(それを、さいきんはドMといわれる。。)

 

でも、
ほんとうは楽チンでもいいのかもしれない!

 

挑戦モード
 ⬇
楽チンモードに

切り替えていいんだあ!

 

まず、そこにびっくり!なのと

じぶんではある意味わくわくを生きる。と決めてからはそれまでやりたくなかったことを手放してその生き方をはじめていたから
怖いことやってる!といいつつも楽チンモードのつもりだったのである


え、怖いこと辞めていいの?!と同時に

まだ楽チンモードにいなかったんだ!という驚き。笑

 

 

わー!✨
切り替えていいんだ
切り替えよう切り替えよう♪と
わくわくで切り替える。

 


ということは
わくわくをしたらすべて回る♪
お金も回る♪とおもって生きてきてたけど
わたしのわくわく=怖いこと。だから

 


怖いことしなくちゃお金ははいらない。とおもってた。ということだよね?


...確かに
今年お金はみなみなさまから
いただいたお金で生きさせてもらっていてそれを*ちょうだい*ということ*わたしはこの生き方で生きていきたいんです!だからお金ください!*というのはめちゃくちゃ怖いことだった。

めちゃくちゃ怖いことだから
やろう。とおもった

 


そうして感じてみる

ほんとうは
どうやってもらえたらいい?

 

88の食卓が終わって
今でも、
相手が感じたときに溢れたときに
結料としてお金をいただくことは有り難いことにあってそれでわたしは生かされている(ありがとうござあます)そんな風に楽チンというと変だけど、じぶんの在り方に生き方になにかを感じた人が自然に溢れるように渡してくれて受け取るのがいいなあ。

というのがでてきた答え。

 


どっかで発信しなくちゃ。とか
怖いことしなくちゃとか。
おもってたんだ。


わくわくで
受け取っていいんだなあ

 

そしてやってると思ってたのに
やってなかったことが衝撃的すぎる。

 

 


わたしの今の
わくわくなんだろ?と
感じてみたら


以下、とみひでに送ったメールより

 

 

***


きのうほど
わくわく炸裂!ではないけど

◎ひとりのじかんを楽しむ
◎美味しいごはんをつくって好きなじかんに美味しく喜んで食べる

◎ピンときた本を読んで
受け取る=誰かの物語はこうやって誰かのために気づきになるんだと知る

(=じぶんの物語を放つことは誰かのためになるということをじぶんの中で積み重ねている)

◎ぬくぬくの森で
心地よく寝たいだけ寝て
起きたい!とおもったときに起きる


ぜんぶ、今してることや!

+これになにか今じぶんの怖いことをしないと
お金がはいってこない。と無意識におもってたらしい!


だから、
もう楽チンモードにして
わくわくしてるから
めっちゃお金はいってくるやん!な今🙆💕

 

※ぬくぬくの森は
わたしの大好きな布団の中のこと♡

 

***


メールその2

 

※わたしの中で定義している
*わくわく進化論*というものがある

 


わくわく進化論


フェーズ


①我慢してやりたくないことしてる

②わくわくすることする

③わくわくを越えてすべて受け入れる(魂)
(怖いこと含む)

 


わたしは
②をしてるつもりが
①▶③へ飛んでたのかも!


で、
②フェーズは感情のところだから感情が動きはじめて
いろんな感情をじぶんに許したらわくわくも感じていいんだ。と動きだした!


それと、今まで
わたしの進むセンサーが
怖いこと▶わくわくに切り替わった(わくわくを感じられなかった)


やふー🎶


***


この秋、まだ書けていないけれど
とみひでとの関係で
たくさんの感情を溢れさせたわたし。

長年感情を押し殺してきた
わたしにとって感情をだすことは
ひとつ大事なことだったようで


フェーズ理論というものの中で
人間には

第1フェーズ 肉体

第2フェーズ 感情

第3フェーズ 魂


がある
(どれがいちばん。とかでなくぜんぶがたいせつ。)


わたしは感情に蓋をしてしまっていたけれど
それが開放され、↑のわくわく進化論の第2フェーズは**わくわくすること*


感情を開放されたことによって
わたしのわくわくも感じられるようになってきた。ことと

ぜんぶたいせつ。で
第1は昔に第3はここ数年やっていたけれど
第2フェーズができてなくて取り組むタイミングがきた。ということ

 

が分かりなんだかわくわく。

こんなにわくわくして
楽しくて楽チンでいいんだ。ってすごい。。

 

*挑戦*好きなわたしにとって
挑戦じゃあなくなるのでは?と思いつつ
全く未知の世界にいくことと
挑戦しないことが挑戦だったりする。

 


そして、
どうして挑戦したかったのかな?と感じてみると(人間はそもそも挑戦したい生きものだ。ということもあるけれど)
大変な状況でも強くあれること。や
それをちゃんとじぶんの気づきにできることで、じぶんじしんを*すごい*と思いたかったんじゃあないか。ということ

その比較?差?によって
すごいと思いたかったんじゃないかと


でもそんなことしなくても 
そもそも存在しているだけで
在るだけですごいんだと
素晴らしいんだとそう思えたらいい話


それがずっと
できなかったわたしだから
挑戦することでじぶんをすごい。と思いたかったのかもしれない。

 


それと、
どうして
怖いことをしたらお金がはいる。
怖いことをしないとお金がはいらない。と
思っていたのか。も分かってびっくりした。

 

その出来事は
お金のマイナスイメージを浮かべるときにいつもでてくることだったし
昔セッションでそのことに取り組んだこともあり癒されてた。とおもっていたのだけど...

 

それは
中学生の頃
部活は陸上部だったのだけど
そのときに飲む飲み物代や接骨院に行くお金を母にちょうだい。というのがとてつもなく嫌でこわかった。という出来事


いつも
嫌な顔をされたり、ため息をつかれるのがほんとうに嫌だった
そしてお金をちょうだい。というのがとても怖いことになっていた

 

ということは

怖いことをする=お金がもらえる

怖いことしなくちゃ=お金はもらえない

 

 

 

ここに
ちゃんと方程式があった!!!

 

ここでつくられてるじゃん、

思いっきり!びっくり!


今まで
これも原因のひとつだ。と分かってたけど気づいてなかった。笑

 

そうして
今年特に
わたしはその*お金ちょうだい*ということ(怖いこと)をまさに実際にやってお金をいただき生かしてもらっていた。笑


びっくり!

 

そうして
わたしは受け取っちゃあ
いけない人間なんだ。とどこか思いながらいてそんなかわいそうなじぶんでいたかったんだろうな。


かわいそう。なのに強くあれるじぶんだったらすごい。と思えるから

何をしなくてもすごい。と
何をしなくても愛されると思えなかったから


きっとずっと
何もしないことがこわかった
ほんとうはそれだけで愛されていたんだろうに..

 

幼い頃
幼稚園、学校とほんとうは行きたくなかった

行きたくなかったけれど
そんなこと一言も口にせずに通っていたのは

学校に行かないじぶんは許されないのでは。とどこかでおもって頑張っていっていた


ほんとうは
学校にいかないじぶんでも
何もしないじぶんでも
許され愛さたかったんだろうなあ

 

だから、今
なにかをしたから。ではなく
存在そのものにお金を受け取ること
*結料*に対して求めるものが強いのだと気が付いた


(逆に活動やしたことに対しての対価に今年は特に抵抗があって、なにもしなくてもじぶん💮が満たされたら自然とできるようになるのかも。と書きながら感じている)

 


今年
みんなから受け取らせてもらったお金は
どこかで*怖いことをしたから*もらえた。
わたしの*活動*に対して渡してくれた
と感じているところがあるようで

もちろんそれもあるかもしれないけれど

でも、もうすでにこんなにも存在そのものにもらえていたんだ。と気づいていくだけ、改めて受け取っていくだけなんだとおもう

 

今、
わたしが怖いことや何かをしたりしなくても結料を渡してくれる人って
わたしの中で*安心*の関係を築けている人たち


よく、
人から*もっと力抜いていいよ*と
言われることがあるのだけど

え?これでもかなり抜いてるんですけど?笑

と思うことがあって

それは昔のわたしがガチガチ過ぎたから
世界が人が怖すぎてじぶんを世界や人に許せていなかったから。それと比べるとだいぶ力抜いてるんですけど?
ん?まだ抜いていいんですか?

そもそものスタートラインが
マイナスすぎたのだ。笑

 


もっともっと
この世界に安心していきていい

じぶんで在ることを許していい

愛されていることを受け取っていい

 


安心したら
もっと愛を豊かさを受け取っていく
受け取っていくことに気づいていく
そこにあったことに気づいていく

 

 

それだけ。なんだろうなあ

 

 

 

それだけ。ができなくて
大変だったんだろうけど、笑


楽チンモードに切り替わりました♪