●●ちゃぶ台から世界をひっくり返す●●

〜ちゃぶ台にのせるスナオな想いを結ぶ〜

じぶんの弱さもじぶんの凄さも受け入れる

じぶんを愛すること、たいせつにすること

 

それは

じぶんの弱さを認め受け入れそれを愛しゆくこと。

 

よく言われることだし

わたしもたくさんのじぶんの弱さを受け入れてどんなじぶんでも◎としてきたけれど

 

 

今回、大きくじぶんを愛することに

向き合う出来事があったときに

 

じぶんの*凄さ*も認め受け入れ、

それを発揮することをじぶんに許すことのたいせつさを強く感じた

 

 

 

じぶんの凄さを認めてしまうこと

 

 

 

それは大きくなにかが変わってしまう

 

ここじゃないところへ、大きく変化してしまう

 

今まで、言い訳してきたことを

いよいよ実行しなくちゃあならなくなる

 

 

 

それが、人はときにものすごく怖かったりする

 

じぶんの凄さから顔を背けていたほうが安全

 

 

 

だけど、

ほんとうは知ってるんでしょ?

 

ほんとうは進みたいんでしょ?

 

 

 

 

 

じぶんの凄さを認め

それを生ききること、いのちを輝かせゆくこと

 

 

 

 

わたしたちのカラダは

星からできていて

 

だから、本来輝きたい生きものなんだ

 

いのちを輝かせ生きゆくことは

いのちの願いそのものなんだ

 

 

わたしたちは

このいのちを輝かせずにはいられない

 

 
f:id:ASAMUSUBI:20171012154046j:image

 

 

 

それをただ、じぶんに許してあげる◎

それだけでいい