●●ちゃぶ台から世界をひっくり返す●●

〜ちゃぶ台にのせるスナオな想いを結ぶ〜

じぶんをたいせつにする

 

今回の九州の旅では
とみひでの体調不良が続き

 


わたしじしんも
旅をする上で気をつけたいな。とおもっていることを
たいせつにしきれず
改めておおきな学びとなった。

 

 

旅をする上で、というより
日々の暮らしのなかでもいえることだけど
感じられなくなってしまうことが怖い。とおもっている。

 

 

人との出逢い
美しい景色
何気ない日常の景色
日々のごはん etc...

 


すべてに対して
美しさを見出すこと
感動をそこに見て生きていきたい

 

それが遮断してしまうこと
なにも感じられなくなってしまうことがイヤだ

 

 

特に
旅をしていると
人とエネルギーを交わすことが多かったり
カラダの疲労や回復にひつような睡眠が
じぶんのタイミングでできなかったり
それによってのストレスなどなど

 

 

人一倍、繊細なわたしにとって
じぶんがじぶんを守ってあげることは必須なのに
実験してみたところもあったけれど
案の定敗れ、
はい。もっともっとじぶんをたいせつにします。
もっとカラダの、ココロの声にスナオに行動します。と誓った。

 

 

 

この世界は
見える物質5%
見えない物質23%
見えないエネルギー72%で構成されていて


人間でいうとそれが
肉体 5%
感情 23%
魂 72%

 

 

魂だけが大切というのでもなく
どれもこれもたいせつで
それぞれの願いがあるし


肉体や感情の願いは紐解いていけば
魂からの、いのちそのものからの願いでもある

 


すべての願いを叶えてあげることを
許すのはじぶんじしん。

 

 

カラダはなんて言ってる?
どうしてほしい?
どんな場所にいきたい?
どんな感覚を感じたい?
その感情はどうして感じるの?
その感情の奥底にある願いはなあに?

 

 


ひとつひとつ聞いてあげる
叶えてあげる

 

 

 

それは
もしかしたらそこに存在することを、許すだけかもしれない
そこにあるものを受け取るだけかもしれない
そこに存在することに気づくだけかもしれない

 

 

 

ほんとうの心地よさ、願いを叶えてあげるためには
怖さや居心地の悪さもあるかもしれない

 

 

だけど
それもぜんぶ引き受けて進んでいくことが
じぶんじしんへの、そして究極すべてへの優しさなんだ

 

 

f:id:ASAMUSUBI:20170620180529j:image