●●ちゃぶ台から世界をひっくり返す●●

〜ちゃぶ台にのせるスナオな想いを結ぶ〜

じぶんをたいせつにする

今回の九州の旅ではとみひでの体調不良が続き わたしじしんも旅をする上で気をつけたいな。とおもっていることをたいせつにしきれず改めておおきな学びとなった。 旅をする上で、というより日々の暮らしのなかでもいえることだけど感じられなくなってしまう…

じぶんじしんに対しての責任と誠実さ

責任**ってなんだろう? と、これまでわたしにとって 馴染みのなかったコトバに対しての問いがうまれた。 さいきん じぶんの中にわたしの純粋な望みをもった ちいさなじぶんがいるような感覚がうまれて それが、わたしの中で じぶんじしんを幸せにしてあげら…

ごはんをつくることの尊さ

せんじつ、ふとごはんをつくらせてもらっていることへの有り難さが、感謝が 何気ない瞬間に溢れてきた。 わたしがごはんをつくっていられるのも食べてくれる人がいてくれるから。 わたしはわたしが*美味しい*とおもうものをつくっているだけなのだけどそれを…

ちゃぶデート♡

※デート商法はじめました **ちゃぶデート♡** 結び姫*麻美と心地の良い場所へ出掛け一緒にちゃぶ台を囲みごはんかオヤツを食べてデートする♡というサービス** 基本的に結料(むりょう)ですがどうしても、なにかあげたい。。という方は貢ぎ物一覧をご覧になっ…

表現すること*

遠征へ出掛けせんだいへ帰ってくるとしばらく寝つくす日々が続く。 そうして充電が完了するとむくっと起き上がりうって変わってなにかスイッチが入ったように創作活動がはじまる。 そのときそのときによってその創作活動は様々なのだけど あっちでは鉄火味噌…

罪悪感を手放す

じぶんじしんを幸せにする決意を、今。 * わたしの中にあるあなたへの想い それは、いつしかあなたを幸せにできないことへの罪悪感に わたしだけが幸せになってはいけないという、罪悪感に ・ ・ ・ それが、いつしか わたしのなかで膨らんで爆発した ・ ど…

いのちの美しさ*

人は強い。 でも、人は、強くて弱くて、強い。だから、好き。 人は美しい。 でも、人は、美しくて醜くてズルくて美しい。だから美しい。 人は孤独だ。 でも、ほんとうは繋がっていてだけどそんなこと忘れて孤独に明け暮れて。ずっと触れていた冷たい床が、実…

じぶんを生きる。は好きなこと、わくわくすることだけじゃあない。

いのちを輝かせて生きる は好きなことをする、わくわくすることだけじゃあない。 ーーー 好きなことをして生きていきたい。わくわくだけで生きていきたい。 そう決意して5年前、仕事を辞めたわたしもひとり。 当時、今から思うとその好きなことすら全くわか…

いのちのパートナーシップ

きょうは 久しぶりに 仙台に帰り お招きいただいた 結婚式に出席 式に向かいながら 結婚ってなんなんだろうね。結婚式ってなんなんだろうね。 とパートナー とみひでと 話ながら向かう。 ここさいきん、 仲間とも パートナーシップについて 話す機会がおおか…

すべてのものはメッセージ~♪

ここ数週間 歯医者に通って せっせと歯の治療をしている* きのうは 詰め物をしてもらい それの噛み合わせを 合わせるのに先生と助手の方、 わたしとでその高さを合わせるのに超微調整しているのが なんだかこの世界で という いのちの型を知っていくのと同じ…

あたりまえをひきはがす

じぶんのなかにある あたりまえ**すぎる 感覚をじぶんから えいっ!と引き剥がして 客観的にそれを 見つめてあげること。 が、 さいきんの テーマだったわたし。 あまりにも あたりまえすぎるものって じぶんと一体となっているから ある意味じぶんの中に の…

じぶんを信じる

じぶんを信じる きのう、友人との対話のなかで過去のじぶんに対してこれまでになかった新たな視点での気づきがあった。 以前にも書いたが実はわたしは食卓を囲むことが苦手で過去、給食のじかんが大嫌いだった。 ずーっと黙り込んでひたすら食べることだけに…

愛されたい、すべてに愛し尽くされたい

きょうは、ゆったりとした1日を過ごして仲間と語っていたのだけど気がついたらその部屋がギターの生演奏にてそこにいたそれぞれの好きな歌のメドレーがはじまっていた。ひとりひとりがじぶんで在りながら歌っている姿は見ていて喜びに溢れていてとても心地よ…

物語〜序章その4

児童養護施設に調理員として就職して1ヶ月も経たないうちにじぶんの想いとの違和感を感じ始めた。 親と様々な理由があって暮らすことのできない子どもたたちに愛をもってごはんを作りたい。と思って働き始めたが、じぶんが作りたい理想のごはんとはかけ離れ…

物語〜序章その2〜

中学生になって、学校は相変わらず嫌いだったけれど陸上部に入って毎日練習に明け暮れた。 中学高校時代は走る為に学校に行っていたと言っても過言ではないくらい部活をしに学校に我慢して行っているようなものだった。 走るのは短距離も長距離もどちらも得…

物語〜序章その1

1986年7月22日ぎりぎりかに座、吉川家の長女として麻美という名前をもってこの世に生をうける。生まれてはじめてのキオク…物語のはじまりは、幼稚園の年少のトキ。三姉妹である吉川家の一番下の妹が生まれ母がまだ病院に入院していたとき。寂しくてさみしく…

物語の序章〜その3〜

じぶんの物語の新たな章のはじまりと結びの予感を感じてニュージーランドに行く前に記したかった、わたしじしんののこれまでの物語。書けるとこから書けるときに。とやっていたらずっとなかなか進まなかったのに昨日から何かスイッチがはいったらしい。笑飛…

そして、物語は結ばれていく

じぶんじしんの中に潜んでいる物語に気がついていくと人生はこんなにも壮大で、目の前にあるひとつひとつの小さな出来事やあのときの悩みや小さなちいさな選択さえもすべて完璧だったんだ。とおもえる。たくさんの*あのとき*…。小さなじぶんの中から湧いてく…

じぶんの物語を結ぶ

今月、かなり久しぶりに海外へ出掛ける。行き先はニュージーランド**豊かな自然と星空が美しいその場所へどうして行くのかその理由をじぶんじしんへ問うことはじぶんの中に潜む、物語に気づいていくことだった。今回のこの旅実は、2011年3月11日に起きた東日…

じゃんぷのすこし前part2

きのうの**じゃんぷの前**の続き…https://www.facebook.com/asami.kikkawa.71/posts/1289716047778104わたしがうすうす感じてきた違和感。それは、みんなで囲む食卓楽しいかな?ということ。実はわたし小中学校(特に中学生)のときの給食のじかんが嫌でいやで…

じゃんぷのすこし前

1年に何度か、ごはんが作れなくなることがある。じぶんの中でおおきな歓びのごはんをつくるという行為がパタリとできなくなって作れるにはつくれるのだけど、いつものよいな歓びや情熱がどこへいってしまったんだーーーー?!と見つけられないくらいに。昨年…

**結料**についてのおはなし

東京の元気堂で 不定期に開催している元気食堂 元気食堂では 料金の設定はなく、 結料**(むりょう)でやっていて、きょうはその想いについて書きたいとおもう。 [https://www.instagram.com/p/BLsXdQpgwPF/:title= 結料について** ~歓びで廻り巡る~ おむす…

***結び家Family募集***

〜お結びアクション、おむすび波をこの世界に放つ仲間募集〜あまり、言っていないけど**旅するむすび家**とじぶんのことを名づけて活動しています?きのうふとむすび家はひとりではないのでは?と思ったのです。もともと、**家**にしたのもお家のような、家族…

⚪︎⚪︎この世界は今この瞬間もじぶんじしんが結んでいる⚪︎⚪︎

今、目の前に広がるこの景色は世界はひとりひとりわたしたちの内側が創り出している目の前の世界で起きた出来事もじつはじぶんの内側を映しだしているにすぎない誰かのコトバも、傷ついたその感情さえもじぶんが創り出している。人は嫌な感情が目の前にうま…