読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

●●ちゃぶ台から世界をひっくり返す●●

〜ちゃぶ台にのせるスナオな想いを結ぶ〜

愛されたい、すべてに愛し尽くされたい

きょうは、ゆったりとした1日を過ごして仲間と語っていたのだけど気がついたらその部屋がギターの生演奏にてそこにいたそれぞれの好きな歌のメドレーがはじまっていた。ひとりひとりがじぶんで在りながら歌っている姿は見ていて喜びに溢れていてとても心地よ…

物語〜序章その4

児童養護施設に調理員として就職して1ヶ月も経たないうちにじぶんの想いとの違和感を感じ始めた。 親と様々な理由があって暮らすことのできない子どもたたちに愛をもってごはんを作りたい。と思って働き始めたが、じぶんが作りたい理想のごはんとはかけ離れ…

物語〜序章その2〜

中学生になって、学校は相変わらず嫌いだったけれど陸上部に入って毎日練習に明け暮れた。 中学高校時代は走る為に学校に行っていたと言っても過言ではないくらい部活をしに学校に我慢して行っているようなものだった。 走るのは短距離も長距離もどちらも得…

物語〜序章その1

1986年7月22日ぎりぎりかに座、吉川家の長女として麻美という名前をもってこの世に生をうける。生まれてはじめてのキオク…物語のはじまりは、幼稚園の年少のトキ。三姉妹である吉川家の一番下の妹が生まれ母がまだ病院に入院していたとき。寂しくてさみしく…

物語の序章〜その3〜

じぶんの物語の新たな章のはじまりと結びの予感を感じてニュージーランドに行く前に記したかった、わたしじしんののこれまでの物語。書けるとこから書けるときに。とやっていたらずっとなかなか進まなかったのに昨日から何かスイッチがはいったらしい。笑飛…

そして、物語は結ばれていく

じぶんじしんの中に潜んでいる物語に気がついていくと人生はこんなにも壮大で、目の前にあるひとつひとつの小さな出来事やあのときの悩みや小さなちいさな選択さえもすべて完璧だったんだ。とおもえる。たくさんの*あのとき*…。小さなじぶんの中から湧いてく…

じぶんの物語を結ぶ

今月、かなり久しぶりに海外へ出掛ける。行き先はニュージーランド**豊かな自然と星空が美しいその場所へどうして行くのかその理由をじぶんじしんへ問うことはじぶんの中に潜む、物語に気づいていくことだった。今回のこの旅実は、2011年3月11日に起きた東日…

じゃんぷのすこし前part2

きのうの**じゃんぷの前**の続き…https://www.facebook.com/asami.kikkawa.71/posts/1289716047778104わたしがうすうす感じてきた違和感。それは、みんなで囲む食卓楽しいかな?ということ。実はわたし小中学校(特に中学生)のときの給食のじかんが嫌でいやで…

じゃんぷのすこし前

1年に何度か、ごはんが作れなくなることがある。じぶんの中でおおきな歓びのごはんをつくるという行為がパタリとできなくなって作れるにはつくれるのだけど、いつものよいな歓びや情熱がどこへいってしまったんだーーーー?!と見つけられないくらいに。昨年…

**結料**についてのおはなし

東京の元気堂で 不定期に開催している元気食堂 元気食堂では 料金の設定はなく、 結料**(むりょう)でやっていて、きょうはその想いについて書きたいとおもう。 [https://www.instagram.com/p/BLsXdQpgwPF/:title= 結料について** ~歓びで廻り巡る~ おむす…

***結び家Family募集***

〜お結びアクション、おむすび波をこの世界に放つ仲間募集〜あまり、言っていないけど**旅するむすび家**とじぶんのことを名づけて活動していますきのうふとむすび家はひとりではないのでは?と思ったのです。もともと、**家**にしたのもお家のような、家族…

⚪︎⚪︎この世界は今この瞬間もじぶんじしんが結んでいる⚪︎⚪︎

今、目の前に広がるこの景色は世界はひとりひとりわたしたちの内側が創り出している目の前の世界で起きた出来事もじつはじぶんの内側を映しだしているにすぎない誰かのコトバも、傷ついたその感情さえもじぶんが創り出している。人は嫌な感情が目の前にうま…