●●ちゃぶ台から世界をひっくり返す●●

〜ちゃぶ台にのせるスナオな想いを結ぶ〜

三日月の日のはじまり

花巻で絵本を描きたい
そう願ってやってきた
12月頭から一ヶ月半後のきょう


1*20三日月の日


願っていた以上に
すてきなおうちに
滞在させてもらうことに

 

12月頭にやってきたときは
引っ越すくらいの勢いでやってきて
花巻市街のアパートを借りようかともしていた

 

ほんとうは
自然に囲まれ
広い空、静かな場所
古いおうちで
星空と木々のエネルギーを感じられる場所が理想。と願いながら
今時期引っ越すことや古いおうちだと直したりなんだり。難しさを感じ無意識にそこは無理だから花巻ならどこでも。とそのときの中ではピンとくるところを選んでいたけれど
ほんとうのほんとう。は全然ちがうくて...

 

変に今すぐ
実効しなくては!と
焦っていたのもあったのもあった

 

それから数日
お金がないくせに
引っ越しを決めてしまったことが
ストレスになっていたのだけと
ふと、手放してもいいのかも?と

 

仙台にて今、あるものをたいせつに
日々暮らしを楽しむようにした

 

 


そうして
数週間後にいただいた
嬉しい連絡


花巻にいったときに訪れていた
大迫町の星耕茶寮さん
そこで実はこのあたりに
住みたいなあ。と感じていたのだけど

 

そこのすぐお近くに
昨年移住された
大好きな方から
留守にする間、
猫の面倒をみながら滞在しないか。と
嬉しいお言葉をいただいたのだ

 


そして
この数日、体調がよろしくなく
今朝もいけるかなあ。という感じで
車の運転もうんうんいいながら
やってきた花巻の地

 


目的地のおうちに
着いて車を降りると
ボーっとしていた頭が
ふっとほどけて軽くなった

 

おうちは
昔のまんまを残したところ
素敵にリフォームされたところが
入り交じりとーっっっても
素敵すぎる。。

 

大地がおおきくおおきく
受け入れてくれてくれる感じに
ホッとなにかがほどける

 


もっと、
安心していいんだなあ
そして委ねていい


妥協せずに
安心してじぶんの
望みを放っていいんだ
そして叶えられゆくことを委ね受け取っていい


そんなことを感じながら*

 

雪に、大地に埋もれるように
すっぽりと安心感に包まれている
賢治の故郷

 

 

【美味しくなる、最後のひと味*】

きのう、Facebookにオーブンが欲しい。とこちらの記事を投稿↓

 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1614836585266047&id=100002191624523

 

 

お陰さまで

ご連絡をいただきまして
我が家にオーブンがやってきました*
(シェアしてくれたみんな、ありがとう💕)

 

 

 

 

レトロで可愛いオーブン*
お使いになっていないとのことで
しばらくお借りできることになりました○
 

 


f:id:ASAMUSUBI:20180106215901j:image

 

 

 

世界はなんて優しいんだ!

 

 

 

早速
いつも焼くオートミールクッキーを♡

 

 

 

いつもと同じ分量なのに
味がなんだか違う。
もうひと味足りない...。

 

 

 


もしや...
いつもフライパンで焼いているから
ひっくり返したり焦げないように
けっこうな感じで気にかける。

 

 


でも、オーブンだと
はじめてつかうから
火加減やオーブンのクセがわからないから気にするものの次に焼くクッキーの準備をしていた。そう、はい。ちょっと気にかけをサボりました。

 

 


そこに愛を向けられなかったからかも...。(ToT)と2回目はオーブンの前で見守りながら躍ってみた。

 

 

 


そうしたらね、
そうしたらやっぱり美味しくなったんだよね。

 

 

(躍りに夢中になって
若干焦げてしまったチームはいたものの。笑)

 

 


f:id:ASAMUSUBI:20180106215620j:image


そこに愛を置くこと、
じぶんがちゃんとそこに在ること
食材たちのいのちを慈しむ心が

 

 

 

美味しさを越えた美味しさを
引き出すスパイスだとおもっている

 

 

 

わたしがわたしでそこに在ること

 


それは、
わたしのいのちがそこに在ることを許していること。だからわたしの触れるいのちたちもそのまんまのいのちであることを祝福していることにもなる

 

 


じぶんのいのちが祝福されていたら
歓んではりきって活躍してしまうのだとおもっている

 

 

だから
美味しさを越えた美味しさが
そこにうまれゆく*

 

 

それを食べた人も
カラダの中で爆弾のように
その祈りが爆発して
いのちを祝福されてじぶんじしんに還りゆく

 

 


気がつかなくたって
じわりじわりとそれは効いてゆく

 


そんな
おむすびを、ごはんをお菓子を創り続けたい

 

 

 

そんな
結びの魔法を世界中に放ちゆく🌠

 

 

f:id:ASAMUSUBI:20180106215603j:image

*じぶんを生きる*と*他人に尽くす*じぶんを結ぶ

年末あたりから

じぶんの中で
これまで感じていたものより
よりじぶんのど真ん中の願いを感じ
わたしはこのために生まれてきたんだ!
と思えていると同時に

 

 

 

ふとした瞬間に
なにかじぶんに不安がまとわりつくような
感覚に一気に引き戻され
前者に書いた感覚があっという間にどこかへ飛んでいってしまう。という大きな二極をいったりきたりしている。

 

 


これはこれはやっかいで
もう、アクセルとブレーキを
思いっきり踏んでいるようで
どうしたものかな?と
きょうとみひでと出掛けた先のカフェで
ひとり感じてみた。

 

 

 

いろんな方向から
みっていってひとつでてきたのが

 

 

 

「悩みたいと思っている」のでは?
ということ。

 

 

 

 

大前提として
【すべての現実、現象は
じぶんじしんが創りだしている。】

 


ということは
じぶんが思わしくない出来事も
じぶんでは認識できず嫌だと思っていることさえも、じぶんじしんが望んでいる。創りだしている。ということ

 


そこで、
いつも問いかけるのが
この思わしくない現実が起きていることによって「じぶんにとってよいことはなんだろう?」

という問い。

 

普通に考えたら
いい事と思えなくても
実はじぶんが望んでいる。
また、とある観念があるから
その観念通りにじぶんの世界は創られている。

 

 

そうして
わたしの

「悩みたいと思っている」現実によって
じぶんにとってよいことは?

という問いに

○じぶんを生きるのがこわい
こわいから本当にしたいことをさせないようにしている。


○そのままで済む(変化したくない)

○悲劇のヒロインでいれる


がでてきた


最後のひとつ
「悲劇のヒロイン」とは?

 

○じぶんの幸せはいいから
他人に尽くしじぶんは惨めで可哀想なんだ。というじぶんだった。


それと対極にある
今わたしがしている(よりしたい)
じぶんを生きる。という生き方


○じぶんを犠牲にせず
まずはじぶんを満たし
じぶんじしんを生きることがすべてのためになる。

 

じぶんを生きる。という
生き方を選択しはじめてから
じぶんを犠牲にし他人に尽くす生き方に対して否定してしまっているじぶんに気がついた

 

ただ、
それは(おそらく)
わたしの何度も重ねた過去世の生き方であり、今世でも人生の大半の生き方だった。


ずーーっっと
その生き方でいきてきたにも関わらず、
否定されてしまった
わたしの中のその存在が認めてほしい。と声をあげていたのだ。

 

*じぶん*とは
過去も今も未來もすべてを含めた
いのちがじぶんなのに
過去のじぶんやじぶんの中の一部を
否定していたら
そりゃあ、*じぶん*を生きるんだったら
わたしも認めてよ!と他人に尽くしたじぶんも声をあげたくなるよなあ。

 

それが、
よりじぶんを生きることに
これまで以上におおきく進もうとしている今、じぶん(他人に尽くしたじぶん)に気づいて欲しくて認めて欲しくて目の前に現れた。それが行く末を阻み、葛藤という形で感じていたのだ。

 

また、
その生き方をしろ。とか
そういうことではなくて
手放してもいい。
だけど、今のじぶんが在るのは
そのときのじぶん、そのじぶんが
いてくれたからなんだ。と認め感謝すること。

 

じぶんの中の観念に気づくと
もうそれはその形を保っていられなくなる。というけれど
それに気がついた途端になにか気持ちが軽くなり、その感覚を話すことさえ難しくなってしまった。

 

わたしの中で
他人に尽くすじぶんを許すというのは
回りのわたしを応援してくれている人を認める。ということともイコールで
応援されたり、わたしのやっていることを共にやってくれて嬉しい反面どこか罪悪感を感じているじぶんもいた。


その人の
本当のじぶんじしんの歓びを感じられることをやってほしい。そんな想いが強いがゆえに
応援してもらったり、手伝ってもらうことに対して本当にやりたくてやっているかな?
相手がじぶんを生きるのを奪ってしまっていないかな?そう感じることがよくあった。

 

だけど
じぶんを犠牲にすることなく
ちゃんとじぶんというものを持ちながら
応援することやサポートすることが
その人の在り方なんだ。ということを


過去のじぶんを認めることで
受け入れられるようになるのだとおもう。

 


*幸せになっていい*


そんな言葉がでてきて
じぶんの中で救いの言葉のように感じた。

 

どんなことがあっても
*幸せ*と思えるじぶんがいるのも事実だけれど、まだまだじぶんじしんに幸せになることを本当の願いを叶えることを許せてなかったことに気がついた

 

あなたはあなたの望むように生きていい

そして
誰よりもなによりも

 

あなたは幸せになっていい

 


そんな
ずっと欲しがったのであろう
言葉を受け取って
なにかが許された気がした

 

 


*じぶんを生きる*じぶん

   と

*他人に尽くすじぶん*

 

*今のじぶん*と*過去のじぶん*


がおおきくおおきく結ばれた○

 


ぜんぶがじぶん
目の前の出来事も現象も
湧きあがってくる感情も。

 


一見、
嫌だと感じる出来事も現実も
怒りや悲しみ、寂しさ葛藤も

 


それを見つめゆき
ちいさな子どのようなじぶんや
願いに気がついたとき
それは一瞬にして愛に変わり
じぶんじしんと結ばれてゆく

 

 

わたしたちは
目の前の世界を、相手を
じぶんの感情や感覚を通して
*じぶん*に気づき
そこに愛があったことを知ってゆく

 

じぶんと結び続け

 

じぶんじしんに還りゆくこと...
愛に、本来のじぶんに還りゆくことを
経験したくってここに存在している

 


だから
じぶんに気づき
じぶんと結び続けゆくこの遊びが
たまらなく面白いのだ。

 

 

 


きょうも
こう在れる

じぶんを結び続けられる

じぶんに感謝を込めて

 

 
f:id:ASAMUSUBI:20180105194122j:image

 

 

 

 

 

 

**じぶんと結ぶ*世界をむすぶ 〜結びトランプ〜予約申し込み開始**

△▲1/2満月より○2018結びの魔法第一弾▲△

**じぶんと結ぶ*世界をむすぶ
〜結びトランプ〜予約申し込み開始**

 

 

 

あなたがあなたで在ること


あなたがあなたを結び続けること

 

 

それがすべてを結びゆく
すべてのいのちと結びゆく

 

 

*じぶん*を結ぶことが、*じぶん*を生きることが幸せに生きる歓びを生みだす最大の魔法◯

 

 

 

あなたがあなたに還る祈りを込めて

 

すべてのいのちが*じぶん*を生きゆくその先に重なりゆく世界を…

 

 

 

 

結びトランプは
じぶんを思い出し、じぶんと結ぶ

祈りを込めたartとmessageを描いたカードです

 

 

受け取るあなたにとって

じぶんを思い出し結びゆくための

大切なmessageが届くでしょう

 

 

 

 

ひとつひとつの

ちいさなじぶんを思い出し

その先にみえる、じぶんのうまれる前に

放ってきた*いのちの願い*

 

 

 

その

いのちの願いこそが

ここで果たすわたしたちの使命

 

 

 

もちろん、いつだって

じぶんじしんでは在るのだけれど

その願いを思い出し、生きることが

ほんとうのじぶんで在り続けること

結び続けるということ

 

 

 

今こそ

*わたし*のいのちの願いを思い出し放つトキ

 

 

 

 

 

 

この企画は、昨年
わたしが全国をちゃぶ台を担ぎおむすびを結ぶ旅〜ニッポン全国88の食卓を結ぶ旅〜から繋がっています

 

 

 

旅の以前からこのカードの構想はあったのですが、この結びの旅で2回みなさんへある呼びかけをさせてもらいました

 

 

 

旅の応援資金として、またわたしがわたしを生きることへの共感や生き方への賛同へ
火の鳥(一万円札)を送ってくださることをお呼び掛けさせていただきました

 

 

 

この呼び掛けに対して有り難いことに22の火の鳥がわたしの元へやってきてくれました

 

 

この結びトランプは
最初に受け取ってくれた人の元に
ずっと共にあってくれるのも
もちろん嬉しいのですが、
そのmessageがあなたと結ばれたときや
ピンときたタイミングでピンときた人に渡して欲しい…世界中を旅して必要な人の元に届いて欲しい

 

 

 

そんな想いがある中で、
火の鳥が世界中へ送り届けてくれるイメージが広がり、火の鳥をくださった方の元へこの結びトランプをプレゼントさせていただくことに決めました

 

 

 

88枚のカードの内、
22枚の行き先は決まりました

 

 

残り66枚のカードをあなたに元へ届けます

 

 

あなたから
結びのmessageを世界へー

 

 

世界中にじぶんじしん思い出し
じぶんと結びゆくを生き方が広がることを祈って

 

 

 

 

このカードのお届けは
少し先…夏至を越えてのお届けになります

 

 

夏至に仙台にて
**星のゆめむすび**というひとりひとりの
いのちが輝く場をつくります

 

 

その会場でこの88枚のトランプが
最初で最期、一同に揃います

 

 

その後、おひとりおひとりへ 

発送させていただきます

 

 

*******

 

 

◇結びトランプ
  結びのart message カード

 

◆受付枚数 限定66枚

 

◇お値段 火の鳥(一万円)

 

◆普通のトランプとは違く、
おむすびの形をした
88枚のカードで成る結びトランプ
7種類のモチーフ×12枚にjokerが4枚

どのカードがお届けになるかはどうぞお楽しみに。

 

*******

 

 

下記より申し込み後、入金を確認いたしましてご予約完了とさせていただきます




(お申し込み後、自動返信メールにてお振り込みのご案内をいたします)

 

自動返信メールが届かない場合、下記メールアドレスまでご連絡ください。

 

musubi. inori88☆@gmail.com 

(☆を@に変えて)

 

 

66/88結びトランプ⬇︎お申込みはこちら

 

*結びトランプ*ご予約申し込みフォーム
https://www.secure-cloud.jp/sf/1514881641fswvXOrb

 

 

 


f:id:ASAMUSUBI:20180103000903j:image

**2017年ありがとう*その1

改めて2017年を振り返って

(今までももちろんそうだけれど)
特にみんなに生かされた1年だったなあ。と感謝でいっぱい。

 

 

今年は88の結びの旅をさせてもらい
振り返りながらふと思ったのが

 


今年、じぶんのやることや作ったものに対して値段をつけたことってなかったということ(提案いただいたものや誰かと一緒のときにはあったけれど)それでも、じぶんが今年受け取りたい。と決めた額を受け取れていることに改めて驚きと感謝が溢れた。

 

 

 

そもそも、どうして値段をつけずにいたかというと、わたしはまずじぶんが生きていることすべてが遊びであり、仕事であり遊びだと思っている。(最後は遊び。♪)

 

 

 

だったら、生きていながら日々瞬間しゅんかんじぶんがじぶんで在り続けることが
すべてに対して放ち与えているんだとしたら
すべてから受け取れるのではないか?

 

 

目の前の人とモノや行為をお金と交換するのではなく、じぶんの存在そのもの.じぶんで在り続けることが仕事となりこの宇宙ぜーんぶつかって大きく循環できるのでは?

 

 

そんな実験をやってみたくなって。

 

 

最初に書いた通り実験は成功♪
当初描いていた88というエネルギーをいろいろなかたちで二回受け取った。

 

(そのかたちを変える切り替わり時期は(今も)大変な状況になるときは何度もあって
じぶんで在り続けることが仕事なのだから
じぶんで在り続ける変化やじぶんのエネルギーの滞りをクリアにすることでお金も流れていった)

 

 

 

じぶんで在ることでいただくお金を
結料(むすびりょう)と名付けていて今も有り難いことにみなさんからそれを受け取らせていただいています*他にもおむすびグッズやお野菜、お米etc..そしてみんなからの愛。。

 

 


ほんとうにたくさんたくさん受け取らせてもらった今年。最大のありがとう!をみんなに♡

 

 

そんなことを根底に流しながらも
あたらしい流れも感じていて
2018年からあらたな試みもはじめます○

 

 

12*22冬至の日にこれまで以上にみんなが、ひとりひとりがじぶんに還りゆく*結びの魔法*を世界に放つアクションをしていくことを*星のゆめむすび*としてスタート。(アトリエはほしとゆめ)

 

 

夏至までのビジョンや
ひとつひとつのイメージが具体的にみえてきたこの数日。とっっってもわくわくしています♪

 

この夏至でのビジョンをキッカケに
もうひとりではとてもとてもできない!
これはチームおむすび..おむすび球団を発足せねば!と球団もついに立ち上がりました。笑


(監督はもちろんあのお方♡)

陸上部だったからなのか、
一気にギアをいれて走り去ろうとしてしまうクセがあるので笑

 

 


焦らずじっくりとでも軽やかにひとつひとつ結びの魔法をカタチにしてゆきます○

 


どうぞまた来年も見守り、応援、そして共に在っていただけたら嬉しいです☀

 

 

 

2018年はじまりの結びの魔法は
1*2満月にお知らせいたします♡

いつもありがとう*

 

 


f:id:ASAMUSUBI:20180102235532j:image

わたしが わたしを生きて 生きてゆく

わたしが わたしを生きて、生きてゆく

 
 このちいさなアパートで

日々、丁寧に暮らし 愛し たいせつに生きること

 

日々、じぶんに気づき じぶんと結びゆくこと


日々、いのちを描き 物語を描き綴りゆくこと

 

それは
日々、*じぶんで在る*という...じぶんと結ぶというちいさな祭りをしている。ということ

 

*表現*は*じぶんで在る*ことのひとつの側面に過ぎなくて

何をするか。が大事なのではなく
ひたすらにじぶんで在るのと、結び続けることで生きてゆくこと

 

 

ずっと、そう願い生きてきたけれど。生かされてきたけれど

今、じぶんの中にある*じぶんで在る*というこれまでとは違う、新たなる感覚で生きてゆけるのか。..どう、世界に生かされてゆくのか。


新たなる決意と共に今、はじめる

 

*****

 

 

 

じぶんにはなまる。

きのう、
ある方のブログを読んで
今年で捨てたいもの、じぶんの中で手放したいことはなにか?という問いがあり
じぶんの中で感じたときにでてきたもの

 

ブログ
加藤由迦さんアソビウム
https://ameblo.jp/kolob/

(ご自身の体験を通してのことばが
とってもパワフルですきです♡)

 


その中の3つめの質問に対する答えのひとつ

 

それは
『お金が支払えない。
期日に間に合わないんじゃあないか。と思ってしまうこと』

 

 

 

▼いくつかの側面から深めてみると..


視点①

ーどうして支払えないのか?


支払うという行為は

じぶんじしんからエネルギーを与える、出すという行為


実は世界に対して
*与えられていない。*じぶんがいるのではないか?ということに気がついた

つまり、
出し惜しみしているじぶんがいるということ

 

じぶんが世界に放ちたい。とおもっているもの。それが怖くてできていなかった。
だから、じぶんは与えられない。とおもっている

 


じぶんの放ちたいもの


それは、じぶんの生き方、生き様をもっと放つ(発信)こと


ーどうしてそれができないのか?

 

受け取られないことのこわさ

じぶんで在ることが
役に立っていない。ということを知るのがこわい

 


でも
それは
すでにじぶんがじぶんに価値があると思えてたら🆗。周りの評価は気にならないはずである

 

ということは
じぶんの存在そのものを認められていない
じぶんがいるということ

 


視点②

 

支払えない

期日に間に合わないことがこわい
というのは


*間に合わない*、*足りないかも*という想いがある


その想いをじぶんの中に探すと


じぶんの愛は誰かへの想いは
足りないかも、伝わらない、分からないのかもしれないと実は思っている


小さな頃から
母や家族を思ってきたのに
それが伝わっていなかった。と
こんなに想ってきたのに。と衝撃的で悲しくなる言葉を数年前に言われた出来事があった

 

こんなに想っていても
じぶんでは現してきたつもりでも
伝わっていなかった

 

なにかをすることを通して=行動の愛でなく..
なにかをしたから認められるのではなく..


ほんとうは
じぶんで在るだけで=存在としての愛。
じぶんで在ることがみんなの、すべてのためになっている。ということを知りたかった


=存在そのものに💮をしたい


じぶんの存在を認めたかった

 


他に
いくつかの視点から見てもでてきた
じぶんに対して
じぶんに価値があると思えていない想い


でもほんとうは
なにかをすることではなく
じぶんで在るということだけで

すべてのためになることを望んでいると共に、じぶんじしんにじぶんのことを認めてもらいたという願いを見つけた

 

じぶんがじぶんで在ることで生きていく。
ということに対してとてつもない想いがあると今年特に感じていたのだけど

それは何もしないじぶんでも、じぶんを認めてほしい。という強烈な願いだった


なにかをしたから。ではなく
ただ、存在そのものが愛でありたいせつであるということ。
それを誰よりじぶんじしんに感じてほしいという願い

 

 

今、それに
向き合っている真っ最中なわけだけれども、なにかじぶんの中でこれまで問題として感じること、現実に浮き上がってくることを辿っていった先に見えるのはその想いばかりで面白くて笑った


わたしはわたしをどれだけ
たいせつにできていなかったのか。という驚愕な事実と、認められることを強烈に願っているわたし


目に見える
問題と感じること、現実は
じぶんの中にある願いを、声を届けてくれるギフト

 


そこに囚われるのも
もちろん人間だからこその面白さだけど
そこを辿った先にたどり着いた
ちいさな声に気がつけたとき
わたしたちはもっとじぶんに、愛に還ってゆける

 

愛に還りゆくことー

 

それをしに
わたしたちは生まれてきた

だから、目の前の相手を通して.世界を通してじぶんに気づきゆくことへの好奇心と面白さは止まらない

 


日々ひび、
じぶんじしんに気づいていくことの
歓びと面白さ、感謝を感じながら
ひとりひとりが*じぶん*になった先で 
はじめてほんとうに繋がれる手と手


そんな世界になったときに
見える景色はどんなだろう

 

わたしは、わたしを生きてゆく

 


f:id:ASAMUSUBI:20171217180849j:image


姪っこのすこし前の誕生日

 

彼女を見ているとほんとうに

存在そのものが愛しく、いてくれるだけで生きてくれているだけで歓びであり生まれてきてくれたこと生きてくれていることへの感謝が溢れてくる

 

 

わたしたちは

*わたし*で在るだけでいい

 

*あなた*で在るだけでいい